headimage1

社団法人 日本音響学会社団法人 日本音響学会

和文誌目次

◇ 第56巻11号
論文 弾性波動場のスカラ・ベクトル速度ポテンシャルによる表示 佐藤雅弘・高畑洋祐  
小特集 −音声研究の新たな方向を探る−    
  「音声研究の新たな方向を探る」小特集にあたって 板橋秀一  
  第1部−大型研究が目指す新たな方向−    
  文部省COEプログラム統合音響情報研究拠点(CIAIR)−音声・音響情報処理の多角的研究− 武田一哉・板倉文忠  
  科学技術振興調整費 開放的融合研究推進制度−大規模コーパスに基づく「話し言葉工学」の構築− 古井貞煕・前川喜久雄・井佐原均  
  エイ・ティ・アール音声言語通信研究所(ATR-SLT)−実世界で利用可能な音声翻訳技術の実現に向けて− 山本誠一  
  科学技術振興調整費 目標達成型脳研究推進制度「ヒトを含む霊長類のコミュニケーションの研究」 川人光男・東倉洋一  
  科学研究費特定研究(A)「メディア教育利用」−音声言語情報処理技術を用いた語学CAI− 中川聖一  
  第2部 プロジェクト研究所感    
  科学技術振興事業団戦略基礎研究推進事業(CREST)−発声力学に基づくタスクプランニング機構の構築− 誉田雅彰  
  科学技術振興事業団戦略基礎研究推進事業(CREST)−聴覚の情景分析に基づく音響・音声処理システム− 河原英紀  
  IPA日本語ディクテーション基本ソフトウェア開発プロジェクト 鹿野清宏  
  科学技術振興事業団「さきがけ研究21(PRESTO)」−中枢における聴覚時間情報処理機構の解明− 力丸裕  
  科学技術振興事業団「さきがけ研究21(PRESTO)」−鳥の歌の生成文法とその脳内表現− 岡ノ谷一夫  
  −新たな方向を探る研究者座談会−    
  座談会:音声研究を語る 鹿野清宏・小林哲則・中嶌信弥・平原達也・誉田雅彰・中村哲・徳田恵一・編集担当委員:武田一哉・小森康弘  
書評 英語スピーキング科学的上達法    
書評 音の生態学−音と人間のかかわり−    
<< Back
footimage1