headimage1

社団法人 日本音響学会社団法人 日本音響学会

和文誌目次

◇ 第60巻7号
音叉 常識としての著作権 清水康敬 341ページ
論文 CF-FM型コウモリ反響定位音の音響的特質 原囿正博 343ページ
論文 単語了解度試験におけるモーラ同定に対する親密度の影響 坂本修一・天野成昭・鈴木陽一・近藤公久・小澤賢司・曽根敏夫 351ページ
論文 振幅変調音の擬音語表現とサイン音としての機能イメージ 山内勝也・岩宮眞一郎 358ページ
論文 動的ファジィ系列範ちゅう法を利用した騒音刺激に対する心理的判断基準の時系列推定例と一考察 加藤裕一・大國成樹・山口静馬 368ページ
小特集 −貴重な音声・音楽データの採録・修復・保存を考える−    
  小特集「貴重な音声・音楽データの採録・修復・保存を考える」にあたって 正木信夫 375ページ
  危機言語の音声記録−録音,表記,分析を含む知識データベース構築− ペ−リ・バスカララ−オ(全訳:坂野由紀子) 377ページ
  ベルリン録音資料館(Das Berliner Phonogramm-Archiv)−音響記録の宝庫− L-C.コッホ・ A.ヴィードマン・S.チーグラー(全訳:足立整治) 386ページ
  日本語・アイヌ語を録音した100年前の蝋管の修復・保存及び音声再生 伊福部達・清水康行 392ページ
  NHKアーカイブスの構築−最先端テクノロジーはどう活かされたか− 森 明巳 399ページ
  大量ディジタルデータの長期保存システム 武理一郎 405ページ
<< Back
footimage1