headimage1

社団法人 日本音響学会社団法人 日本音響学会

選  奨

icon選奨の候補者募集

  佐藤論文賞,独創研究奨励賞 板倉記念,環境音響研究賞及び技術開発賞は,毎年度,候補者を公募して選定を始めます。次の募集案内をご覧ください。

  ◎会員に候補者の推薦を依頼する選奨

  • 第56回佐藤論文賞 (推薦を締切りました。)
  • 第11回独創研究奨励賞 板倉記念 (募集は締め切りました。)
  • 第7回環境音響研究賞 (募集は締め切りました。)
  • 第24回技術開発賞 (募集は締め切りました。)

  ◎推薦委員又は選定委員に推薦を依頼する選奨

  • 第39回功績賞 (推薦は締め切りました。)
  • 第56回佐藤論文賞 (推薦は締め切りました。)
  • 第3回学会活動貢献賞(推薦は締め切りました。)

icon功績賞

  功績賞は,昭和53年に創設された賞で,音響に関する学術又は関連事業に対し特別の功績があり,その功績が顕著である方に贈呈されます。
  平成28年の受賞者は次の通りです。

第39回 功績賞  香野 俊一
辻野 次郎丸
山田 伸志

icon佐藤論文賞

  佐藤論文賞は,佐藤孝二博士 (本学会第4代会長) からの寄付を基に昭和36年に創設された賞で, 音響学に関し学術上及び技術上貢献するところが大きい研究業績を本会会誌に発表した正会員又は学生会員に贈呈されます。
  平成28年の受賞者は次の通りです。

 第56回     Power-law dependence describing subharmonic generation from a non-spherically oscillating bubble    吉田 憲司
森岡 峻一
香川 幸大
小山 大介 
渡辺 好章 
A method for estimating vocal-tract shape from a target speech spectrum 鏑木 時彦

icon環境音響研究賞

  環境音響研究賞は,平成20年度に受けた寄付を基に平成21年に創設された賞で,環境音響学の発展に貢献した,主として建築音響分野又は騒音分野に関連する一連の研究を行った正会員に贈呈されます。
  平成28年の受賞者は次の通りです。

第7回  波動音響数値解析の高精度化・実用化のための一連の研究 大鶴  徹
主観的評価に基づく音環境の評価と標準化  佐藤  洋 

icon独創研究奨励賞 板倉記念

  独創研究奨励賞 板倉記念は,板倉文忠博士からの寄付を基に平成18年に創設された賞で,音声処理に関する独創的な研究を行った若手の正会員又は学生会員に贈呈されます。
  平成28年の受賞者は次の通りです。

第11回  ミュージカルノイズフリー理論に基づくブラインド音声抽出に関する研究 宮崎 亮一

icon粟屋 潔学術奨励賞

  粟屋 潔学術奨励賞は,粟屋潔博士 (本学会第9代会長) のご遺族からの寄付を基に昭和58年に創設された賞で, 音響に関する学問,技術の奨励のため,有為と認められる新進の研究・技術者に贈呈されます。
  2015年秋季研究発表会での受賞者は次の通りです。

第39回(2015年秋季研究発表会)
井上 尚久 薄型チャンバーを用いた斜入射吸音率測定法の開発 その2 −数値解析と実測による検証− 東京大学
大谷 大和 平静音声から予測した感情付与モデルに基づく統計的感情音声合成 (株)東芝
田中  彩 発話空間が携帯電話音声の聴き取りにくさに及ぼす影響 −携帯電話の音声情報処理方式による差異− 鹿島建設(株)
程島 奈緒 残響下での発話変化を応用した公共空間での音声明瞭度改善 −話者による明瞭度の違い− 東海大学
山岸 慎平 音脈知覚の神経相関 −脳幹から視床・聴覚野− 東京工業大学

icon学生優秀発表賞

  学生優秀発表賞は,平成21年に創設された賞で,将来の音響学の発展を担う若手研究者を奨励するため,春季又は秋季研究発表会において優秀な発表を行った学生会員に贈呈されます。
  2016年春季研究発表会での受賞者は次の通りです。

第13回(2016年春季研究発表会)
井上 昂治 京都大学 音声
大町 基 早稲田大学 音声
川上 雄太 長岡技術科学大学 音声
沢田 慶 名古屋工業大学 音声 
チョウ イ 東京大学 音声
角谷 美和 同志社大学 聴覚/聴覚・音声
田村 俊介 九州大学 聴覚/聴覚・音声
石川 憲治 早稲田大学 電気音響
桑原 潤 東北工業大学 電気音響
関 貴志 電気通信大学 電気音響
田尻 祐介 奈良先端科学技術大学院大学 電気音響 
李 莉 東京大学 電気音響
岡田 昌大 九州大学 音楽音響
Thao Linh Nguyen 熊本大学 騒音・振動
菅原 彬子 東京大学 建築音響
伊藤 一陽 千葉大学 超音波/水中音響
柴又 賢史 東京工業大学 超音波/水中音響
高尾 麻衣子 東京工業大学 超音波/水中音響
松野 雄也  東北大学  超音波/水中音響
山中 航太 東京工業大学 アコースティックイメージング 
Irwansyah 熊本大学 災害等非常時屋外拡声

icon学会活動貢献賞

  学会活動貢献賞は,本学会の学会活動の活性化に多大な貢献があった若手の正会員又は学生会員に贈呈されます。
  平成28年の受賞者は次の通りです。

第3回
   
佐藤 逸人  神戸大学
星 和磨  日本大学
宮内 良太 北陸先端科学技術大学院大学

icon技術開発賞

  技術開発賞は,音響技術の振興を目的として平成5年に創設された賞で,音響に関する工学技術の進歩発展に特に貢献した賛助会員の代表者, 賛助会員に所属する個人又はグループに贈呈されます。
  平成28年の受賞者は次の通りです。

第24回(平成28年度)
日本電信電話(株)コミュニケーション科学基礎研究所/パナソニック(株)AVCネットワークス社/(株)パナソニックシステムネットワークス開発研究所/(株)NTTドコモ 低遅延音声音響統合符号化システムの開発と3GPP EVSの標準化 鎌本 優
原田 登
守谷 健弘
江原 宏幸
三田 貴子 
河嶋 拓也 
菊入 圭 
仲 信彦 
堤 公孝 
大崎 慎一郎 
日本放送協会放送技術研究所/ソニー(株)      MPEG-4 AACを用いた22.2ch音声符号化・復号装置の開発      杉本 岳大 
中山 靖茂 
小森 智康 
渡辺 馨 
大出 訓史
知念 徹
畠中 光行
辻 実
本間 弘幸 

icon選奨の候補者募集

  佐藤論文賞,環境音響研究賞,独創研究奨励賞 板倉記念及び技術開発賞は,毎年度,候補者を公募して選定を始めます。候補者の募集は学会誌の会告でお知らせいたしますが,このページでもお知らせする予定です。

footimage1